節電・省エネ魔法瓶の建物Business information

魔法瓶の原理を建物に生かした熱反射工法AOI Architects

工場や倉庫など生産設備における真夏の暑さ対策、冬場の寒さ対策をお考えなら、米子市の「あおい総合設計」がご提案する「熱反射工法」での改修・新築をおすすめします。この熱反射工法は、魔法瓶の原理を建物に応用したもので、太陽光の輻射熱を97%以上反射するので夏涼しく、冬は建物内の暖気を逃がさないので通常より3℃暖かい作業環境を実現します。しかも、冷暖房効率を高めるので節電効果は抜群、空調コストを最小限にとどめます。なお、当社は全国対応です。節電・省エネにつながる建物改修・新築についてお気軽にご相談ください。

熱反射工法について

真夏の工場や倉庫はうだるような暑さで冷房の利きも悪く、労働環境や生産性を悪化させる一因となっています。こうした課題を一気に解決するのが、あおい総合設計が提唱する「熱反射工法。高純度アルミニウムでできた特殊な遮熱材を屋根や外壁など建物の周囲に敷設することで、暑さの主原因となる太陽からの輻射熱を90%カットし、建物内に熱がこもりにくくすることができます。しかも、冬は建物内の暖気が野外へ逃げにくくなるので、暖かさが保持されます。このように夏冬を問わず快適な労働環境を実現し、空調コストを低減するのが熱反射工法です。

熱反射工法の特長
夏涼しく、冬暖かい

建物を覆う遮熱材が太陽からの熱を効果的に反射し夏は涼しく(-10℃)、冬は建物内の暖気を外に逃がさないため暖かく(+3℃)快適な労働環境、作業環境が得られます。

空調コストの節約

遮熱対策を適切に実施した工場、倉庫なら空調効率が上がるため、エアコンの台数を削減したり、稼働率を下げたりできるのでまさに一石三鳥。屋根と外壁を遮熱材で覆うだけで、60%程度の省エネ効果が得られます。

結露対策にもなり、建物の長寿命化にも貢献

季節や昼夜を問わず、内部の温度差が小さくなることで、結露が抑えられ、躯体となる鉄骨などがサビにくくなり、建物が長持ちします。

定温の維持が不可欠な設備・建物に最適

高温や低温を維持することが重要となる、冷凍・冷蔵施設や蓄熱層などを改修、新築する際はこの熱反射工法が最適。魔法瓶の原理で建物の内と外で熱の交換を防ぎ、電力消費を抑えてランニングコストを軽減します。

節電・省エネ 魔法瓶の建物・住宅

前述の「熱反射工法」の特徴をもっとも的確に表現するたとえが「魔法瓶」です。魔法瓶は真空層で器から出る熱、外から入る熱を遮断して、内部を一定の温度に保ちます。同じメカニズムを工場や倉庫などの建物、一般住宅に応用したものがあおい総合設計の「魔法瓶の建物」「魔法瓶の住宅」です。こちらでは真空層の代わりに熱の伝わりを、建物を覆う遮熱材が遮断するので夏は通常より10℃低く、冬は3℃暖かい屋内環境を作り出します。

魔法瓶の建物

魔防瓶の建物

Before(改修・施工前)

日中屋根・鉄板は80℃、スレート瓦は60℃に達します。さらに、窓ガラスから入る太陽光が建物内の温度を上げ、午後には45℃に達します。なお、冬は窓や外壁、屋根から屋内の暖気が逃げ、建物内は寒くなります。このような環境で空調を稼働させれば光熱費が収益を圧迫するまでに。

After(改修・施工後)

屋根・外壁などに遮熱材を敷設するので魔法瓶と同様の効果が現れ、夏は太陽からの輻射熱を反射し、冬は屋内の暖気を逃がさないので、快適な作業環境となり、空調コストも最小限に抑えられます。冬は年間を通じて変動の小さな地熱を上手に導入して寒さ対策を強化します。

魔法瓶の住宅

魔防瓶の住宅

Before(改修・施工前)

日中、屋根瓦やスレート瓦は60℃に達します。さらに、窓ガラスから入る太陽光が室内の温度を上げ、午後には45℃に達します。しかも天井から高温が伝わってくるので2階部分は1階より8~10℃も室温が高くなります。なお、冬は窓や外壁、屋根から屋内の暖気が逃げ、建物内は寒くなります。このような環境で冷暖房を稼働させれば光熱費もばかになりません。

After(改修・施工後)

屋根・外壁などに遮熱材を敷設するので魔法瓶と同様の効果が現れ、夏は太陽からの輻射熱を反射し、冬は屋内の暖気を逃がさないので、快適な作業環境となり、空調コストも最小限に抑えられます。冬は年間を通じて変動の小さな床下の熱を上手に導入して寒さ対策を強化します。

熱反射・SDボード内部改修工法

前述の魔法瓶効果を発揮する熱反射材(遮熱材)と「SDボード」と呼ばれる断熱パネルを組み合わせた「熱反射・SDボード内部改修工法」なら、冷暖房効率の向上、省エネ化がより効果的に図れます。あおい総合設計では、屋根、天井、ワイヤー天井、外壁に加え熱が逃げやすい窓についても改修提案を行っています。これにより、夏は冷房なしでも30℃以下、冬は冷房なしでも通常より3℃高い温度環境を実現します。もちろん、ランニングコスト+デマンドカットで節電効果を実現。操業に伴う光熱費を大幅に軽減し、収益の最大化が図れます。

なお、熱を通しやすく、逃がしやすい窓については、熱反射シート貼工法や特殊塗料シートを窓ガラスに直接貼る工法をおすすめしています。とくに後者の特殊塗料シートは光を50%通し、熱を通しにくい素材で、簡単施工ながら暑さ・寒さ対策には非常に効果的です。

Copyright © AOI Architects All Rights Reserved.

GO TOP