事業内容Business information

あおい総合設計の工法のご紹介AOI Architects

あおい総合設計の工法のご紹介

全国対応で建築設計や省エネコンサルティングを手がける米子市の「あおい総合設計」では、工場や倉庫などさまざまな建物、施設をローコストで建設・改修や、建物の節電・省エネを実現する工法を各種ご提案しています。こちらでは、そうしたラインアップについてアウトラインをご案内します。なお、各工法や特色の詳細については、下記に示したリンクからご覧ください。

AES建築・AES改修とは?

AES建築・AES改修とは?

独自の構造計算に基づき、建物の強度を維持しながら、建築コストを下げる当社独自の設計手法が「AES建築」「AES改修」。建物の構造をシンプルにするだけでなく、建築基準法が定める数値をはるかにしのぐ強度を確保できることもまたAESの特色です。ただ単にコストを下げるために部材の品質を落とす、材料を省略する、工程を省くといったようなものではなく、あくまでも耐久性を維持しながら、品質を左右しない要素のみを簡素化する点で、単なるローコスト建築とは一線を画します。しかも、構造躯体にかかるコストが抑えられる分、浮いた資金で別の設備に投資することも、従業員が働きやすい環境を整備することも可能です。

あおい総合の各工法や特色について

ローコスト大スパン工法

最大70mの工場・倉庫・スーパーマーケット・展示場、畜舎など大型施設で、無柱大空間が可能。しかも、既存の建物を使用しながら新築でき、鉄骨の使用を抑えて軽量で強度に優れた構造を低価格で実現できるなど数々のメリット持つ設計手法が「ローコスト大スパン工法」です。スペース効率に優れしかもローコスト建築を可能にする「ローコスト大スパン工法」は、全国の大規模・中規模店舗・工場で採用されています。

ローコスト大スパン工法について

屋根の改修

工場や倉庫の屋根を改修したいが、古い建物でアスベストを使用しているため、思うように検討が進まない。できるだけローコストで建物や家屋の屋根を美しくしたい、雨漏りや地震に強いものに替えたい──こうしたニーズにお応えするのがあおい総合設計の屋根改修。アスベスト対策に有効な「劣化スレート屋根金属カバー改修工法」や和瓦の1/44という超軽量な耐食アルミニウム合金成形瓦で住宅の屋根を葺き替える「耐食合金成型瓦」などをご案内しています。

屋根の改修について

節電・省エネ魔法瓶の建物

特殊な遮熱材が太陽光の輻射熱を90%以上反射するので夏涼しく、冬は建物内の暖気を逃がさないので通常より3℃暖かい作業環境を実現する「熱反射工法」のご紹介です。この工法は、魔法瓶の原理を建物に応用したもので、冷暖房効率を格段に高めて抜群の節電・省エネ効果を発揮。さらに季節や昼夜を問わず、内部の温度差を小さくするので、結露が抑えられ、躯体となる鉄骨などがサビにくくなり、建物が長持ちします。

節電・省エネ魔法瓶の建物について

ローコスト大スパン工法の特色「断熱パネル」

冷蔵庫や冷温施設を新設したり、既存の倉庫などを改修したりして冷蔵庫や冷温施設にするとなると、問題となるのはやはりコスト面です。とくに、国産の断熱パネルは非常に高価であり、施設の規模が大きくなればなるほど、建築費用、改修費用が相応にかさんできます。そこで、当社では、国産断熱パネルと同等の性能でありながら、格段に低価格な輸入断熱パネルをご提案します。

輸入断熱パネルについて

コスト削減事例

鉄骨の使用を抑え軽量で強度に優れた構造を低価格で実現する「ローコスト大スパン工法」、魔法瓶の原理を応用し、節電・省エネにつながる建物改修・新築を可能にした「熱反射工法」。これら当社工法を採用した場合、どの程度の建築費削減につながるのか? あるいは省エネ工法が可能にする空調能力の向上や電力消費量の節減効果はどうか?──など、気になるポイントについて、他社との比較、具体的な数字データを挙げてご説明しています。

コスト削減事例について

Copyright © AOI Architects All Rights Reserved.

GO TOP