コスト削減事例Business information

あおい総合設計がご提案するコスト削減AOI Architects

鉄骨の使用を抑えて軽量で強度に優れた構造を低価格で実現する「ローコスト大スパン工法」、魔法瓶の原理を応用し、節電・省エネにつながる建物改修・新築を可能にした「熱反射シート工法」など、米子市の「あおい総合設計」では工場や倉庫など生産設備のコスト削減策をいくつかご提案していますが、こちらでは、実際にそうした対策でどれだけの効果を上げるのかについて具体的な数字データを挙げてご説明します。なお、下記はごく一般的なケースで実際とは異なるケースもございます。詳細につきましては全国対応のあおい総合設計までお気軽におたずねください。

実例1.ローコスト大スパン工法+省エネ工法 実績コスト比較

ローコスト大スパン工法がどの程度の建築費削減につながるのか、省エネ工法が可能にする空調能力の向上や電力消費量の節減効果はどうかといった気になる点について、他社との比較で表現してみました。

実績比較表
比較項目 他社 当社 他社比

ローコスト大スパン工法
3,000m2の建物
建築費 規模により異なる
規模により異なる 建築費-15% 4,000万円減
(13,300円/㎡)

省エネ工法
空調設備 10台 7.5台 電力消費25%減
7.5台で10台分の空調能力獲得
電気料金 24,770,000円 19,960,000円 電気料金 4,810,000円減
年間削減率 19%
①の具体的な削減内容と内訳
  • 省エネ工法により内部柱を9本から4本に削減。柱が少ない分広い空間を確保
  • 鉄骨コスト、基礎コストを大幅に削減
  • 柱が少ないため什器などを自由にレイアウトできるようになった
▲2,417万円
  • 合法的に排煙窓は設けない
  • 排煙オペレーターが不要。しかも什器を内壁に沿って設置できるようになった
▲538万円
  • 合法的に防煙垂壁を縮小化、短縮ができた
▲525万円
  • 屋根下・天井面に熱反射工法と外壁断熱パネルによるLSP工法を採用したことで、エアコン台数を25%削減でき、空調工事費も抑えられた
▲520万円
他社との比較

他社との比較

温度の違い

温度の違い

Copyright © AOI Architects All Rights Reserved.

GO TOP